メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしとつなぐ

若年者支援、拡充に期待=国立がん研究センター東病院 がん相談統括専門職 坂本はと恵

 「電動ベッドやポータブルトイレを自費で購入するしかないんでしょうか。これまでの治療費で貯金を取り崩してしまい、ひと月、1万~2万円であっても、これ以上、お金を捻出するのは難しいです」

 2004年ごろ、がんが脳に転移した影響で、左半身に少しまひが出ている状態ながらも退院を希望されていた畑中さん(20代後半・男性)の言葉です。ご家族と一緒に過ごしたい一心で退院の準備を始めたにもかかわらず、年齢的に介護保険制度の対象外であることがわかり落胆された末の言葉でした。

 自宅療養の実現には、継続した医療や身体ケア、物理的な環境面の整備と、それらの支援を受けるための経済…

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文938文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです