メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高麗屋襲名・三代の肖像

/上 松本金太郎改め八代目染五郎 大人の役へ「挑戦し続ける」

八代目染五郎を襲名する松本金太郎=竹内紀臣撮影

 松本幸四郎家(高麗屋)の三代そろっての襲名興行が、来年1、2月の東京・歌舞伎座を皮切りに全国で催される。松本幸四郎が二代目松本白鸚(はくおう)、市川染五郎が十代目幸四郎、松本金太郎が八代目染五郎を名乗る。1981年には初代白鸚、九代目幸四郎、七代目染五郎の襲名興行が同座で行われた。37年ぶりの慶事を控えた3人を3回で紹介したい。まずは孫の金太郎から始めよう。

この記事は有料記事です。

残り1007文字(全文1188文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです