メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

剣道

全日本女子学生優勝大会 日体大V 10年ぶり2回目

【鹿屋体育大-日本体育大】次鋒戦で鹿屋体育大の山本を攻める日本体育大の小川(左)=春日井市総合体育館で2017年11月12日、木葉健二撮影

 第36回全日本女子学生剣道優勝大会(全日本学生剣道連盟、毎日新聞社主催)は12日、愛知・春日井市総合体育館で行われ、日体大が10年ぶり2回目の優勝を果たした。準優勝は鹿屋体大。3位は筑波大と国士舘大で、連覇を狙った明大は3回戦で関学大に敗れた。

昨年の雪辱果たす

 昨年の悔し涙は無駄にならなかった。試合終了を知らせる合図と同時に、うれし涙があふれた顔を手で覆った日体大の選手たち。新里監督は「剣道の神様が味…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです