メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/10 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月七日(6)

 古参従業員のよっさんが苦虫をかんだ顔で黙々と食事をしていた。タケシと目があうと伏せてしまう。登美子が質問した。

「ねえ、よっさんはどう思う」

 須田芳次郎は先代から時田メリヤスで働く還暦過ぎの小柄な独身男だった。新聞をこまめに読みこみ、ラジオのニュースも欠かさずきいている。休日にはいつもおしゃれをして有楽町や浅草に映画を観(み)にいくのを楽しみにしていた。

 よっさんはタケシとふたりだけのときには、こっそりと本音を話してくれた。総司令官が戦死して、首都に何…

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文907文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 新在留資格 送還拒否の一部の国を除外 法務省方針
  3. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  4. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  5. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです