メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子学生剣道

日体大が10年ぶり2回目の優勝

【鹿屋体育大-日本体育大】次鋒戦で鹿屋体育大の山本を攻める日本体育大の小川(左)=愛知県春日井市の春日井市総合体育館で2017年11月12日、木葉健二撮影

 第36回全日本女子学生剣道優勝大会(全日本学生剣道連盟、毎日新聞社主催)は12日、愛知・春日井市総合体育館で行われ、日体大が10年ぶり2回目の優勝を果たした。準優勝は鹿屋体大。3位は筑波大と国士舘大で、連覇を狙った明大は3回戦で関学大に敗れた。

第36回全日本女子学生剣道優勝大会(12日、愛知・春日井市総合体育館)=毎日新聞社など主催

 ▽準々決勝 鹿屋体大3-0大体大、国士舘大3-0福岡大、日体大4-1関学大、筑波大3-1広島大

 ▽準決勝 鹿屋体大3-2国士舘大、日体大1-1(代表勝ち)筑波大

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文781文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです