メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日出版文化賞の人々

/5止 前野ウルド浩太郎さん

 ◆特別賞『バッタを倒しにアフリカへ』(光文社新書・994円)

全人類代表し徹底的に

 「バッタに食べられたい」。小学生のころ、子供向けの科学雑誌で、バッタの大群に巻き込まれ、緑色の服を食われた女性の記事を読んだ。受賞作は、その夢をかなえに、西アフリカのモーリタニアにバッタを追った青春記だ。以来6年、今も現地を拠点に研究を続ける。受賞の知らせに「大変光栄です」と、日本から約1万3000キロ離れたかの地からメールで喜びの声が返ってきた。

 母親が市立図書館から借りてきた『ファーブル昆虫記』を読みふけり、「虫を愛し、虫に愛される昆虫学者」…

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1071文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです