メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

知事選 湯崎氏、大差で3選 投票率31.09%、過去3番目の低さ /広島

広島県知事選で3選を果たし、支持者らと万歳三唱して勝利を喜ぶ湯崎英彦氏(左から2人目)=広島市中区で、竹内麻子撮影

 任期満了に伴う知事選は12日投開票され、現職の湯崎英彦氏(52)=自民、公明、民進推薦=が共産党県常任委員の新人、高見篤己(あつみ)氏(65)=共産推薦=を大差で破り3選を果たした。当日有権者数は233万6691人だった。前回選に続き現新一騎打ちとなった選挙戦で、投票率は31・09%(前回は31・97%)と過去3番目の低さだった。【竹内麻子、竹下理子】

この記事は有料記事です。

残り2885文字(全文3063文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです