メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプとアジア

/上 正男氏暗殺、米が硬化(その1)

 「あの事件がなければ局面は変わっていたかもしれない」。米朝関係筋が語る。2月13日、マレーシアの首都クアラルンプールで起きた北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏の暗殺事件。北朝鮮当局の関与が疑われ、米朝関係が転換したという。空港という公共施設で、VXという国際条約で禁じられた猛毒の神経剤が使われた。トランプ米政権は「明白なテロ行為」(マクマスター大統領補佐官)と態度を硬化させた。

 直前まで、米朝両国は北朝鮮が国連代表部を置くニューヨークなどで水面下の接触を繰り返していた。北朝鮮…

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文902文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あしなが育英会 奨学金利用の母子家庭 6割が就労不安定
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです