メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプとアジア

/上 正男氏暗殺、米が硬化(その2止) 首相「我慢比べだな」 「冬に制裁効果」一致

 

ゴルフ時に本音で対談

 安倍晋三首相はトランプ米大統領が離日した翌8日夜、地元支援者との会食で「正式な会議以外の時に本音の話をしたよ」と明かしている。5日には埼玉県内のゴルフ場でプロゴルフプレーヤーの松山英樹選手とラウンドしたが、両首脳が話し込み、松山氏は途中から二人とは距離を置いて歩いた。同日夜の夫人を伴っての鉄板焼き店での夕食会でも、首脳同士、夫人同士がそれぞれ隣に座って会話する形とした。通訳を介し首脳が二人だけで胸襟を開いて議論する時間を確保するためだった。

 複数の政府関係者によると、非公式の会談で話題になったのは、北朝鮮が9月15日以降、弾道ミサイル発射…

この記事は有料記事です。

残り1867文字(全文2152文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]