メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の世界を読む

東南アジアのイスラム サウジ影響、一部過激化=日本貿易振興機構アジア経済研究所長・白石隆

 フィリピンのロレンザーナ国防相は先月、フィリピン南部、ミンダナオ島のマラウイ市で5月以来続いていたフィリピン軍と過激派組織「イスラム国」(IS)に連携するイスラム主義急進派の「マウテ・グループ」「アブサヤフ」などとの戦闘終結を宣言した。また、アブサヤフのリーダーのイスニロン・ハピロン容疑者、マウテ兄弟、ISのエージェントとして資金、戦闘員などを国外から提供したマレーシア人のマフムド・アフマド容疑者が死亡したことも明らかにした。では、これにどんな意味があるのか。

 よく指摘されることは、イスラム主義急進派の世界的動向である。イラク北部モスル、シリア北部ラッカの2…

この記事は有料記事です。

残り2506文字(全文2789文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  2. 個展 メディアアーティスト・落合陽一さん 新・近作15点紹介 渋谷 /東京
  3. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  4. 山梨・甲州の男性強殺 長野の畑に遺体 3容疑者を起訴
  5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]