メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

きょう1年7カ月 障害者の声、生かすため 作本誠一さん仮設巡り 潤いのある益城町に

 昨年4月の熊本地震で自宅が全壊した熊本県益城(ましき)町の作本誠一さん(51)が、町内の障害者の意見を聞こうと車椅子で仮設住宅を巡っている。作本さんが暮らすバリアフリーの長屋型仮設住宅は、作本さんら障害者の求めを受けて県が建てた経緯がある。地震から14日で1年7カ月。町は復興の途にあり、作本さんは「みんなの声をまちづくりに生かしてほしい」と願う。【中里顕】

 作本さんは、建築会社に勤めていた19歳の時、建設現場の屋根から落下し頸椎(けいつい)を損傷、車椅子…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  2. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. いじめか 数人で男子生徒に暴行する動画をインスタに投稿 新潟青陵高校
  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです