メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

築地市場

働く人に魅せられ 「渋い」写真集刊行

「築地魚河岸ブルース」を発刊した沼田学さん=東京都中央区の築地市場前で、森健太郎撮影

 赤黒く日焼けした顔に刻まれた深いしわ--。移転問題に揺れる東京・築地市場で働く男性の姿を収めた写真集「築地魚河岸ブルース」(東京キララ社)が刊行された。撮影した写真家、沼田学さん(44)は「活気ある市場の主役は働く人。男臭い格好良さを感じてほしい」と話している。

 市場移転見直し前の昨年5月、「築地の歴史を記録に残そう」と撮影を始めた。週3日以上足を運ぶうちに、市場で働く男性の表情やたたずまいにひき込ま…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです