メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外JOC竹田会長が退任表明 6月の任期満了で
くらしエコノ総研

働けなくなるリスクはどれくらいあるか

傷病手当金の支給期間は長いほど割合は減る(図1)

 病気やけがで長期間働けなくなり、収入が途絶えるリスクに備える就業不能保険が増えてきた。単身世帯や共働き世帯が増え、自分の死後、家族に生活資金を残す死亡保障より、自分が働けなくなる事態に備えたいという意識が高まりつつあるためだ。だが、死亡リスクに比べると就業不能リスクとはどんなものなのか想像しにくい人は多いだろう。さまざまなデータからそのリスクを読み解いた。

この記事は有料記事です。

残り2462文字(全文2642文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  3. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  4. 「いだてん」ピエール瀧容疑者の代役は三宅弘城さん
  5. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです