メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしエコノ総研

働けなくなるリスクはどれくらいあるか

傷病手当金の支給期間は長いほど割合は減る(図1)

 病気やけがで長期間働けなくなり、収入が途絶えるリスクに備える就業不能保険が増えてきた。単身世帯や共働き世帯が増え、自分の死後、家族に生活資金を残す死亡保障より、自分が働けなくなる事態に備えたいという意識が高まりつつあるためだ。だが、死亡リスクに比べると就業不能リスクとはどんなものなのか想像しにくい人は多いだろう。さまざまなデータからそのリスクを読み解いた。

この記事は有料記事です。

残り2462文字(全文2642文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 事故 声優の平野綾さんが追突 けがなし 東京
  2. 沖縄県警 県営住宅に女性遺体 打撲痕あり
  3. 古典落語 英・中・韓3カ国語で上演 大阪で28日
  4. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです