メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

池内 紀・評『天皇家のお葬式』大角修・著

残される者たちへの思いが「おことば」の中に滲(にじ)んでいる

◆『天皇家のお葬式』大角修・著(講談社現代新書/税別840円)

 昨年八月、天皇陛下はビデオメッセージのかたちで生前退位を望む旨の「おことば」を述べられた。これを受けて急拠(きゅうきょ)、生前退位を可能にする皇室典範特例法が成立した。

 このことはよく知られているが、天皇が「おことば」のなかで、自身の葬儀についても語られていたことは、ほとんどの人が知らないだろう。旧来のしきたりでは重い行事が2カ月にわたって続き、そのあとも関連する行事がまる一年間続く。関係者、とりわけ残される家族は「非常に厳しい状況下」に置かれる。こうした事態を避けることはできないものか。

 大正天皇、昭和天皇とも土葬だったが、宮内庁の発表によると、「御喪儀のあり方」にも「天皇皇后両陛下の…

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1529文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  3. 富田林署逃走 容疑者5月以降4回逮捕 若い女性狙い
  4. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…
  5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです