メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

バレリーナ 斎藤友佳理の「オネーギン」 宿命のタチヤーナ役

斎藤(左)と木村の「オネーギン」=写真家・長谷川清徳撮影

 「衣装を着けた、舞台稽古(げいこ)も終えた。本番まで『あと一歩』のところに、23歳の私は立っていました」。しかし、幕は開かなかった。土壇場で著作権者の許可が下りなかったのだ。ジョン・クランコによる物語バレエの傑作「オネーギン」のタチヤーナ役は、こうして斎藤友佳理の「宿題」になった。

 発端は、振付家モーリス・ベジャールの一言。東京バレエ団の稽古場で「ユカリにタチヤーナを踊らせたい」とつぶやいたのだ。周囲はすぐさま動いた。「世界バレエフェスティバル」(1991年)での抜粋上演を計画し、初演者マリシア・ハイデの指導も仰ぐ。だが「抜粋を踊ってよいのは全幕主演の経験者のみ」という原則は、ついに崩せなかった。まとめ髪をむなしく解き、ピンを外した斎藤に、持ち主のハイデはこう言った。「それはあなたが持っていて。必ず踊れる日が来るから」

この記事は有料記事です。

残り821文字(全文1186文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  2. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです