メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

鳥貴族・大倉忠司社長 妥協なし、全品国産 28年ぶり値上げ

インタビューに答える鳥貴族の大倉忠司社長=大阪市浪速区の同社で、幾島健太郎撮影

 業績不振の居酒屋業界にあって右肩上がりの成長を続ける焼き鳥居酒屋「鳥貴族」(大阪市)。最大の特徴は、全品280円(税抜き)の均一価格と、国産のチルド(低温冷蔵)鶏肉だけを使った焼き鳥の味にある。その「トリキ」が今年10月から全品298円(同)均一へ、28年ぶりの値上げに踏み切った。大倉忠司社長(57)に値上げの経緯、今後の事業展開について聞いた。【聞き手・岡田功、写真・幾島健太郎】

 --全品均一価格を始めたきっかけは何ですか。

この記事は有料記事です。

残り1474文字(全文1690文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  5. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]