メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

戸籍制度のあり方

遠藤正敬氏

 市区町村が扱う戸籍事務に「マイナンバー制度」を導入し、行政手続きを簡素化するための議論が始まっている。戸籍をめぐっては、最近、「無戸籍」になっている人の存在や、蓮舫元民進党代表による戸籍公開なども話題になった。戸籍制度のあり方は現行のままでよいのか。歴史的な経緯や、廃止した韓国の事例などから考えた。

この記事は有料記事です。

残り4420文字(全文4571文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  4. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです