メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/104 第3章 38=高村薫 多田和博・挿画監修

 雪子はなおもしばらく夢のなかを行き来する。野川公園の蝉(せみ)の声がどしゃぶりの雨音のようになる夏の午後、中学一年か二年の真弓が白い木綿のアイレットレースのワンピースを着て、居間に立っている。まだ脂肪もついていない腕や足が初々しい。窓の外には、道路に自転車を置いて真弓を迎えにきた上田朱美がいる。この夏から水彩画教室に通いだした子で、Tシャツと短パンという、男の子のような格好だ。ねえ、写生に行くんでしょう? 汚れるからジーンズにしたら? 雪子は娘に言う。ほんとうは友だちの服装とつり合いが取れないことを心配したのだが、真弓は頑として首を縦に振らない。朱美ちゃんとはこれでゆくの! これがいいの! 珍しく強く言い放つと、これから写生ではなく、おとぎの国のお茶会にでも行くような笑顔になって飛び出してゆく。雪子の眼(め)にワンピースの白、耳には玄関ドアが閉まる音と蝉の声の雨…

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文969文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]