メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立ち合い後、貴景勝を激しく攻める白鵬(右)=福岡国際センターで2017年11月14日、矢頭智剛撮影

3日目(14日・福岡国際センター)

 横綱・白鵬は2日目に日馬富士から金星を挙げた貴景勝を退けて3連勝。稀勢の里は千代大龍を降して白星が先行した。大関・高安は小結・阿武咲に辛勝し、豪栄道は栃煌山に快勝した。横綱・日馬富士が「左尺骨神経痛などで全治6週間」、平幕の碧山が「右足関節捻挫(靱帯=じんたい=損傷)で約1カ月の治療を要する」と診断されて休場した。

 2日目に続いて3日目も21年ぶりの大入りとなった。

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1274文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです