メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースがわかる目次

2017年12月号(11月15日発売)

450円(税込み)

★応募者全員プレゼントは「合格消しゴム」

    ◆2017年重大ニュース

     2017年、国内外で常識をくつがえすようなできごとがありました。北朝鮮の核実験やミサイル発射、衆議院解散・総選挙、アメリカのトランプ大統領就任、藤井四段のデビュー29連勝など。編集室が選んだ重大ニュースで2017年をふり返ります。

    ◆衆議院選挙

     衆議院選挙が10月22日、行われ,自民党が大勝しました。「18歳選挙権」となって初めての総選挙の結果とともに、憲法改正や消費税アップなど注目の政策の行方や1票の格差について解説します。

    ◆イスラムの世界

     イスラム教はキリスト教に次ぐ世界2位の信者数を誇りますが、過激派組織のニュースとむすびつき、多くの誤解や衝突が生まれています。一方で国内でもイスラム教徒が増え、くらしやすくする学校やまちの取り組みがみられます。理解を深め、違いをのりこえるにはどうしたらいいのか考えましょう。

    ◆無理なやせすぎは怖い

     ダイエット情報が世の中にあふれています。やせたいと思っている人は多いですが、ファッション界ではやせすぎのモデルを禁止する動きがあります。無理なダイエットやストレスによって拒食症などの病気になると命の危険もあるからです。専門家のアドバイスやチェック表を掲載します。

    ◆ノーベル賞

     今年のノーベル賞には、文学賞と平和賞で日本ゆかりの人と団体が受賞しました。長崎生まれのイギリスの作家、カズオ・イシグロさん、日本を含む約100カ国の非政府組織の集まり、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)。それぞれの作品や活動をまとめました。

    ◆臓器移植法20年 命のバトン受け継ぐ

     臓器移植法が整えられ、脳死した人からの臓器移植ができるようになって20年を迎えました。脳死や臓器移植について学び、命のバトンを受け継いだ人たちの今にふれます。

    「スペインから独立!?」「国際ガールズデー」「小さくかわいい鳥シマエナガ」

    ★オールカラーで図表やイラスト満載。図鑑を見るような楽しさ。

    ★A4大で68ページ。月1回発行ですから負担になりません。

    ★記事は毎日新聞にのっとり、正確です。

    ★1部450円。書店でどうぞ。

    ★定期購読なら、離れてお住まいのお孫さんに贈れます(メール便)。お申し込みは、フリーダイヤル0120・223・223(年中無休、24時間)。内容のお問い合わせは編集室(電話03・3212・1171、03・3212・0954=平日10時から18時)。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. フィギュア 羽生結弦が全日本選手権を欠場 連盟が発表
    2. 福井・あわら市長 「キス相手」を告訴へ 恐喝未遂容疑で
    3. 関西50年前 【昭和42年8月23日】阪急梅田駅の新ホーム
    4. 児童手当 所得制限、世帯合算へ変更検討へ
    5. 河野太郎氏 「外相専用機」19年度予算案で要求へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]