メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明治神宮野球大会

日体大37年ぶり決勝 来秋ドラフト候補・松本148球完封(スポニチ)

明治神宮野球大会 大学の部準決勝 日体大4-0東洋大(2017年11月14日 神宮)

 日体大は松本が148球を投げ、4安打完封。中学時代にKボールの兵庫選抜でチームメートだった東洋大の右腕・甲斐野との来秋ドラフト候補対決を制し、37年ぶりの決勝進出に導いた右腕は「こういう舞台で投げ合えてうれしかった」と笑顔だった。

     今夏、侍ジャパン大学代表に選出され、善波達也監督から股関節と右足の使い方を修正され、リリースが安定。「リリースの感覚が良くなった」とうなずいた。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京学芸大 准教授を懲戒処分 学生にアカハラ・セクハラ
    2. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
    3. 東京・小石川のマンション 完成直前に都「建築不許可」
    4. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕
    5. 詐欺容疑 カツ丼平らげ「無銭飲食しました」自ら110番

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]