メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明治神宮野球大会

日体大37年ぶり決勝 来秋ドラフト候補・松本148球完封(スポニチ)

明治神宮野球大会 大学の部準決勝 日体大4-0東洋大(2017年11月14日 神宮)

 日体大は松本が148球を投げ、4安打完封。中学時代にKボールの兵庫選抜でチームメートだった東洋大の右腕・甲斐野との来秋ドラフト候補対決を制し、37年ぶりの決勝進出に導いた右腕は「こういう舞台で投げ合えてうれしかった」と笑顔だった。

     今夏、侍ジャパン大学代表に選出され、善波達也監督から股関節と右足の使い方を修正され、リリースが安定。「リリースの感覚が良くなった」とうなずいた。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪スケート 小平、親友の李相花と競い合い
    2. 五輪スケート 「勝て」と言わぬ支援者 小平、金の恩返し
    3. 将棋 里見香奈、女性初の棋士遠のく 奨励会退会決まる
    4. 五輪スケート 小平が「金」日本女子では初 500m
    5. Features・平昌の主役たち Vol.11 スキージャンプ男子団体 葛西紀明 レジェンド、折れぬ翼

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]