メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明治神宮野球大会

東洋大・高橋監督、勇退飾れず「負けて終わるのはつらい」(スポニチ)

明治神宮野球大会 大学の部準決勝 東洋大0-4日体大(2017年11月14日 神宮)

 東洋大は東都1部通算最多542勝を誇る高橋昭雄監督がユニホームに別れを告げた。エースの飯田が右肘違和感で先発を回避。打線も4安打に封じられて零敗を喫し「負けて終わるのはつらい」と肩を落とした。

     今季限りでの勇退を発表して臨んだ全国舞台。69歳の名将は「この時期まで野球ができた。こんな幸せなことはない」と万感の表情を浮かべ、駆けつけた大勢の教え子に見送られて神宮を去った。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 車同士衝突 弾みでぶつかった自転車の高校生が死亡 埼玉
    2. 卓球 14歳張本、父とつかんだV 笑顔で駆け寄る
    3. 長男殺害未遂 容疑で母親逮捕 6歳、命に別条なし 愛知
    4. 卓球 伊藤、みうみま対決制す 第1ゲーム6連続得点
    5. 卓球 水谷脱帽「誰も勝てぬ」 王者・張本、圧巻の成長

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]