メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 日本ハム・中田、清宮ドラ1指名「1週間前に知った」残留会見で告白(スポニチ)

 フリーエージェント(FA)権行使期間が14日で終了した。日本ハム・中田翔内野手(28)は札幌市内の球団事務所で会見し、今季取得した国内FA権を行使せずに残留。早実・清宮幸太郎内野手(18)のドラフト1位指名を数日前に知ったという仰天の告白もした。また、日本ハム・増井浩俊投手(33)、西武・野上亮磨投手(30)はFA権行使を表明した。

     本気なのか。ただ、中田の目は冗談に見えない。「清宮君が(日本ハムに)入ってくるのは1週間くらい前に知った。今は凄くワクワクしている」。ドラフト会議で7球団が清宮の1位指名で競合し、注目を集めたのは19日前。そこから10日間も、清宮の話題に気付かないとは…。

     それほど、中田は自身の去就に悩んでいた。「他の(FA)選手がどうなのかも知らなかった」。実家のある広島などで関係者と話し合い、新聞やインターネットも見なかった。今季は打率・216、16本塁打、67打点。家族から「こんな結果でチームを出ていいのか」と投げかけられ、最終的に残留の決断を下した。来季は8000万円ダウンの年俸2億円プラス出来高払い。厳しい条件にも「結果を残していないのにあれだけの声援をもらった」とファンのために巻き返しを誓う。

     高校通算111本塁打を誇る清宮は同じ一塁手で、ライバルとなる。中田は「かぶっちゃう。ちょっと必死にならないと」と10歳下との競争を口にする。一方で「壁にぶち当たった時に救ってくれたのは先輩だった。チーム全体でそういう“宝”をサポートできれば」と優しさも見せた。

     会見後は正真正銘の冗談を飛ばした。「クラッカーってないの?(年俸)ダウンか…」。契約更改後に恒例のパフォーマンスを持ち出し、いたずらっぽい顔を浮かべた。 (柳原 直之)(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 京都・東福寺 「まるで紅葉の雲海」2000本が見ごろ
    2. 春香クリスティーンさん 芸能活動休止へ 勉学に専念
    3. 鶴ひろみさん死去 ブルマ役「ドラゴンボール超」で追悼メッセージ 「たくさんの方々に勇気とやさしさを…」
    4. クローズアップ2017 A型事業所、相次ぐ大量解雇 障害者雇用、食い物 容易に補助金、参入急増
    5. 探偵業者 苦情急増、アダルトサイト利用料トラブル

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]