メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「プレッシャーを感じる余裕もなかった」と初優勝を振り返る西田拓也四段=大阪市福島区の関西将棋会館で、新土居仁昌撮影

 若手棋士の登竜門、第7期加古川青流戦でプロ1年目の西田拓也四段(26)が優勝した。決勝三番勝負の相手は連覇を目指す井出隼平四段(26)。第1局は完敗だったが、その後を連勝して栄冠をつかんだ。「勝負強いタイプではなかったので、結果を出せてうれしい」。静かに喜びを語った。

 京都市出身。5歳で将棋を覚え、中学2年のとき、故村山聖九段の師匠で知られる森信雄七段門下で奨励会入会。三段までは順調に上がったが、三…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです