メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「プレッシャーを感じる余裕もなかった」と初優勝を振り返る西田拓也四段=大阪市福島区の関西将棋会館で、新土居仁昌撮影

 若手棋士の登竜門、第7期加古川青流戦でプロ1年目の西田拓也四段(26)が優勝した。決勝三番勝負の相手は連覇を目指す井出隼平四段(26)。第1局は完敗だったが、その後を連勝して栄冠をつかんだ。「勝負強いタイプではなかったので、結果を出せてうれしい」。静かに喜びを語った。

 京都市出身。5歳で将棋を覚え、中学2年のとき、故村山聖九段の師匠で知られる森信雄七段門下で奨励会入会。三段までは順調に上がったが、三…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  4. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  5. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]