メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
自叙伝

「一身にして二生を経るが如し」出版 29日に一周忌、時枝正昭・元宇佐市長 市長時代の苦労話や闘病記す /大分

 昨年11月29日に逝去した元宇佐市長の時枝正昭さん(1934~2016年)の自叙伝「一身にして二生を経るが如し」が一周忌を前に出版された。長男で時枝内科医院3代目医院長の正史さんに「人生のまとめとして自叙伝を書いては」と勧められ、生前、書きためた原稿を編集したもので、市長で苦労したことがらや、闘病のことも書き込まれている。【大漉実知朗】

 時枝さんにとって5冊目の著作になる。時枝さんは本好きで知られ、毎月10冊以上を読破していたという。…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文632文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]