メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒田日銀を問う

/2 物価目標、発信継続を コロンビア大教授・伊藤隆敏氏

=坂井隆之撮影

 --黒田東彦総裁の下、日銀は2%のインフレターゲットを掲げて大規模金融緩和を行いましたが、今も実現できていません。

 ◆実体経済は回復し、物価も再び上がって来ている。インフレターゲット自体は間違っておらず、掲げたことでここまで来たと言える。2%に達するとメッセージを発し続けることが重要だ。

 --目標達成まで、超低金利政策は続けるべきでしょうか。

 ◆国内総生産や失業率の数字はいいのだから、現状維持のまま賃金や物価が上がってくるのを待つ政策でいい…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文820文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです