メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒田日銀を問う

/2 物価目標、発信継続を コロンビア大教授・伊藤隆敏氏

=坂井隆之撮影

 --黒田東彦総裁の下、日銀は2%のインフレターゲットを掲げて大規模金融緩和を行いましたが、今も実現できていません。

 ◆実体経済は回復し、物価も再び上がって来ている。インフレターゲット自体は間違っておらず、掲げたことでここまで来たと言える。2%に達するとメッセージを発し続けることが重要だ。

 --目標達成まで、超低金利政策は続けるべきでしょうか。

 ◆国内総生産や失業率の数字はいいのだから、現状維持のまま賃金や物価が上がってくるのを待つ政策でいい…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文820文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
  2. 東京・目黒の5歳虐待死 SOS届かず 「パパいらん」「パパがたたいた」訴えたが きょう起訴判断
  3. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  4. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
  5. 第100回全国高校野球 地方大会 西東京 14日

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]