メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊アマ野球

国立大、好調の要因

10月の法大戦で15年ぶりの勝ち点を挙げ、喜ぶ東大のエース宮台(中央)ら=倉沢仁志撮影

 学生野球の聖地・神宮球場で15日、閉幕した明治神宮野球大会で今季は終了。今年1年の大学野球を振り返ってみると、目立ったのが国立大勢の奮闘だ。6月の全日本大学選手権では、初出場の和歌山大が8強入りを果たした。今秋は東京六大学リーグで東大が15年ぶりの勝ち点を獲得し、関西学生リーグで京大が3勝を挙げた。国立大の好調の要因を探った。

この記事は有料記事です。

残り2015文字(全文2180文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです