メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月の法大戦で15年ぶりの勝ち点を挙げ、喜ぶ東大のエース宮台(中央)ら=倉沢仁志撮影

 学生野球の聖地・神宮球場で15日、閉幕した明治神宮野球大会で今季は終了。今年1年の大学野球を振り返ってみると、目立ったのが国立大勢の奮闘だ。6月の全日本大学選手権では、初出場の和歌山大が8強入りを果たした。今秋は東京六大学リーグで東大が15年ぶりの勝ち点を獲得し、関西学生リーグで京大が3勝を挙げた。国立大の好調の要因を探った。

この記事は有料記事です。

残り2015文字(全文2180文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネットフリックス 時価総額16兆7千億円ディズニー抜く
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. 働き方改革関連法案 高プロ「働かされ放題」の恐れ
  4. 柴俊夫さん 児童養護施設出た若者支援に日本酒
  5. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]