メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月の法大戦で15年ぶりの勝ち点を挙げ、喜ぶ東大のエース宮台(中央)ら=倉沢仁志撮影

 学生野球の聖地・神宮球場で15日、閉幕した明治神宮野球大会で今季は終了。今年1年の大学野球を振り返ってみると、目立ったのが国立大勢の奮闘だ。6月の全日本大学選手権では、初出場の和歌山大が8強入りを果たした。今秋は東京六大学リーグで東大が15年ぶりの勝ち点を獲得し、関西学生リーグで京大が3勝を挙げた。国立大の好調の要因を探った。

この記事は有料記事です。

残り2015文字(全文2180文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです