メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊アマ野球

指導者に聞く 打倒・私学強豪、神宮で 和歌山大監督・大原弘氏(52)

 監督に就任した2008年当時、和歌山大は近畿学生リーグで最も下位の3部に落ちたばかりの弱小チームだった。そんな国立大野球部を大原弘監督(52)は加盟68年目の今春、1部で初優勝に導き、6月の全日本大学選手権で8強入りを果たした。「考える野球」を掲げる大原監督に指導方法を聞いた。【長田舞子】

 --「考える野球」とは。

 ◆普段の練習を何も考えずに現状のままするのと、毎日少しずつ変えるのでは先々の結果が全然違う。打撃練…

この記事は有料記事です。

残り828文字(全文1037文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  3. RSウイルス感染症 流行始まる 乳幼児、早めに受診を
  4. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  5. 鍾乳洞 夏でも気温16度 ひんやり涼求め 北九州

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです