メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TBS系「サンデーモーニング」

30年 「今」伝えられるのが魅力 関口宏に聞く「テレビ屋」の思い

「サンデーモーニング」で司会を務める関口宏=東京都港区のTBSで2017年10月29日、渡部直樹撮影

 TBS系で日曜朝に生放送されている報道番組「サンデーモーニング」(午前8時~9時54分)が今秋、番組開始から30周年の節目を迎えた。第1回から司会を務める関口宏(74)は「『今』を伝えられること」がテレビの魅力だと語る。自らを「テレビ屋」と称する関口に、番組やテレビ界への思いを聞いた。【屋代尚則】

 番組は1987年10月4日、「関口宏のサンデーモーニング」のタイトルでスタート。開始前、番組の収録で世界各国を訪ねることが多かった関口は、帰りの飛行機で日本の新聞や雑誌に読みふけるのが常だったという。その経験を基に、当時としては珍しかった「1週間をまとめて振り返る」番組をスタッフに提案。政治や事件、スポーツなど、幅広いニュースを総ざらいする番組が実現した。「仕事でゆっくりテレビを見られない人もいる。何が起こったか、日曜の朝に整理したいという欲求があるなら、それに応えたい」。その姿勢は今も変わらない。

 現在のテレビ番組ではコンピューターグラフィックス(CG)が使われることも多いが、サンデーモーニング…

この記事は有料記事です。

残り1278文字(全文1731文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです