メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメント

東京ごみストーリー/10止 偏見を越えた「誇り」

園児たちにごみの話をする「ふれあい指導班」のメンバー=東京都杉並区で2017年9月5日午前11時10分、成田有佳撮影

 <document>

 人が生活する上で生み出されるごみは、臭くて汚い。そこに職業差別が生まれた。

 東京23区の収集作業員を都が一括採用していた時代。自宅から遠い勤務地に配属する慣習があった。近隣に職業を知られると、いわれのない差別や偏見に家族が巻き込まれるのではないか、子どもがいじめられるのではないか。そんな不安があった。家族にさえ仕事の内容を隠し続けた人がいた。事務職を装って背広姿で出勤し、定年を迎えた人がいた。

 採用が区ごとになり20年弱。時代は変わったかに見える。だが、回収への不満から清掃事務所に来た男性が…

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1073文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  3. ORICON NEWS 大阪城で“ナイトウォーク”『サクヤルミナ』12月オープン 渡辺直美「ワクワクしちゃう」
  4. ORICON NEWS 堺正章、沢田研二のドタキャン騒動に複雑「残念ですけど倍の力で…」
  5. 「10・19」30年 旧川崎球場にファンら200人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです