メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒田日銀を問う

/3 資産膨張を止めよ 慶応大教授・白井さゆり氏

白井さゆり慶応大教授=2017年11月16日、小原擁撮影

 --黒田東彦総裁の4年半をどう評価しますか。

 ◆大規模金融緩和によって円安と株高をもたらし、ベースアップも4年連続で実現するなど、日本経済を良くしたことは評価できる。ただ、昨年1月のマイナス金利決定から方向がずれ始めた。金利が下がり過ぎて銀行や年金の収益に大きなマイナスが生じ、金融システムの安定が脅かされた。昨年9月、金利が下がり過ぎないよう長期金利を誘導する政策に移行し、国債の買い入れ量も減らしているが、本来もっと早く緩和縮小に動くべきだった。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文827文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尼崎脱線 顔を20回以上手術 犬が支え「あきらめない」
  2. はしか 流行、沖縄厳戒「乳児や未接種妊婦、来県延期を」
  3. 観光 「3歩で回れる3県境」整備 埼玉、栃木、群馬
  4. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
  5. 森友学園 国有地売却問題 佐川氏「役所守るため」 文書改ざんを事前了承 検察に供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]