メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の富士山を駆け上がる今年の「富士登山競走」では、試験的にヘルメットの貸し出しが行われた=山梨県富士吉田市役所前で7月28日、小田切敏雄撮影

 全国的な登山ブームに伴い、登山者の遭難も相次いでいる。技量だけでなく、装備品不足が原因とみられるケースも少なくない。特に頭部を守るヘルメットは、2014年の御嶽山(おんたけさん)(長野・岐阜県境)噴火以降、重要性が改めて認識された。富士山でも同様で、山梨県富士吉田市では今夏から貸し出しを始めたが、着用者は少なく、自治体はあの手この手で普及を図っている。

この記事は有料記事です。

残り1401文字(全文1579文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卑わいな言動容疑 「5年前から盗撮やのぞきを300回」
  2. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
  3. 殺人未遂 男性刺され重傷 通り魔の可能性 千葉の路上
  4. のぞき 「5年間で300回」 容疑で教諭逮捕 大阪府警
  5. 加計問題 愛媛県と面会「官邸主導」か 藤原氏仲介否定で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]