メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災特集

南海トラフ「可能性」どう対応 気象庁情報、自治体手探り

 <いのちを守る>

 気象庁は今月から、南海トラフ巨大地震が発生する可能性が高まったときに発表する「南海トラフ地震に関連する情報」の運用を始めた。情報が出た場合に、沿岸地域の自治体や住民にどのような防災対応を求めるかは、政府が検討中の状態で、自治体からは戸惑いの声も上がる。

 情報は巨大地震の想定震源域で(1)マグニチュード(M)7以上の地震(2)M6(または震度5弱)以上の地震が発生し、プレート境界の固着状態を観測するひずみ計に特異な変化(3)地震は発生していないが、ひずみ計に有意な変化--などの異常な事態を観測した場合に発表する。

 気象庁が有識者でつくる「南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会」を招集し、発生の可能性が高まってい…

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文1045文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. サッカー日本代表 香川PKで先制も、コロンビアが同点に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]