メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災特集

幼い我が子、どう守る ママ、災害時の対処学ぶ 備えや注意点、地域ぐるみで

 <いのちを守る>

 「避難所で夜泣きをしたら迷惑になるのではないか」「アレルギー対応の食品は手に入るのか」--。大規模災害への備えを考えた時、小さな子どもを育てる親たちの不安は尽きない。東日本大震災でこうした問題が実際に起きたこともあり、若いママたちに災害時の対応を考えてもらう動きが盛んになってきた。【大久保昂】

 大阪市住之江区は9月、子育て中のママたちに災害時の対応について考えてもらう企画を2日間に分けて開催…

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1111文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]