メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史散歩・時の手枕

博物館明治村(愛知県犬山市) 近代のプライド語る証人

夏目漱石が「吾輩は猫である」を執筆した住宅=愛知県犬山市の博物館明治村で、玉木達也撮影

 「降る雪や 明治は遠く なりにけり」。明治時代に生まれた俳人、中村草田男が昭和6(1931)年に詠んだ有名な一句。平成の現在からは、明治は遠すぎてその「姿」を見ることはほとんどない。ただ、「博物館明治村」(愛知県犬山市)には当時の建物が数多く移築、保存され、欧米列強に追いつけ、追い越せと燃えていた若い日本の息吹が感じられる。来年は明治維新から150年。爽やかな秋空の下、明治村を散策し、現代日本の原点に思いをはせた。

 建造物は60以上あり、その中で11件の建物と二つの産業機械が国の重要文化財に指定されている。

この記事は有料記事です。

残り1171文字(全文1428文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  2. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. いじめか 数人で男子生徒に暴行する動画をインスタに投稿 新潟青陵高校
  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです