メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「おためごかし」を漢字で書くと…

 「おためごかし」を漢字で書くと「御為倒し」だという。相手のためと見せかけてこかす=あざむくというわけで、たちが悪い。まあ「あなたのためだから……」と猫なで声で言ってくる話には注意した方がいい▲だが世の中にはまず相手にショックを与える仕掛けを用い、それが巻き起こした混乱に乗じて人を操る連中もいる。どうしたらいいか迷う相手に親切顔で助け舟を装った泥舟を差し出すのである。古今のペテン師の常とう的な手口だ▲パソコンにウイルスの感染やシステムの異常を告げる警告を表示させ、利用者を不安に陥れてサポートを名乗る電話窓口に誘導する手口は「サポート詐欺」と呼ばれる。利用者からサポート契約の名目で金銭をだまし取る算段という▲そのスマートフォン版のようにみえる。「あなたの携帯電話は危険なウイルスに感染……」。こんな偽の警告を表示させて、特定のアプリをインストールするように誘導する商法が横行しているそうだ。この警告、実は広告だという▲狙いは無料アプリのインストール数などに応じた報酬で、スマホ利用者に金銭的被害が出たわけではない。だが不安をあおられた利用者の気分が良かろうはずはなく、専門家は「脅迫めいた文言で報酬を得る詐欺的行為」と指弾する▲「偽」という字をほぐして「人の為とは偽りさ」と当てこすったのは詩人の吉野弘(よしの・ひろし)さんだった。「あなたのために……」と偽る手練手管(てれんてくだ)も、日に日に巧妙さを増していくサイバー空間のおためごかしだ。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
    2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
    3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
    4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
    5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです