メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VXの女たち・正男暗殺

法廷編 捜査の手抜かり指摘

警察幹部のワン・アジルル(左)。10月24日にクアラルンプール国際空港で現場検証が行われた際には、裁判官のアリフィン(右)ら裁判関係者を案内した=平野光芳撮影

 警察幹部のワン・アジルルに対する証人尋問は出廷7日目の7日、弁護側の反対尋問に移った。10月10日公判から続いていた検察による証人尋問では捜査当局に不利な質問はなかったが、シティ・アイシャの主任弁護士のグーイは、捜査に手抜かりがあったと尋問初回から切り込んだ。

 「なぜ(事件直後に)飛行機の乗客名簿を調べなかったのか」と尋ねるグーイに対し、ワンは「初期段階では4人に関する情報がなく、名簿を取り寄せられなかった」と弁明。空港の防犯カメラの映像分析から、事件翌日の2月14日には空港内で変装していた不審な男4人に気付き、その写真を入国管理局に照会したことは認めた。

 防犯カメラには男4人が搭乗口で飛行機に乗る直前まで映っており、当日、空港で北朝鮮のパスポートを使う…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです