メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界のまちかどで

ここに注目!/184 スイス フォンデュの季節

 あきふかまり、木々きぎいろづきはじめましたね。さむくなるとスイスじんこのんでべるのが「チーズフォンデュ」です。

     スイスは東部とうぶがドイツ西部せいぶがフランス言葉ことばかれていますが、チーズフォンデュは西部せいぶ料理りょうり。「フォンデュ」はフランスかすという意味いみです。

     スイスではエメンタールチーズとグリュイエールチーズの2種類しゅるいわせて使つかいます。熱々あつあつなべでチーズをしろワインにかし、パンにからめてべます=写真しゃしん元々もともとかたくなったパンをやわらかくべるために考案こうあんされたとか。みなさんがべるときはワインではなく牛乳ぎゅうにゅう使つかうといいようです。

     スイスにはほかにもおおくのフォンデュがあります。あぶらねっしたなべにくげ、このみのソースでべる「オイルフォンデュ」、コンソメスープに薄切うすぎりのにくおよがせ、日本にっぽんのしゃぶしゃぶのようにべる「スープフォンデュ」などです。

     レストランではおおくのひと友達ともだちたのしそうにフォンデュをべていました。鍋料理なべりょうりはやっぱり、みなでわいわいべるのが一番いちばんです。【ジュネーブ・三木幸治みきこうじ写真しゃしんも】


    国名こくめい スイス連邦れんぽう

    首都しゅと ベルン

    面積めんせき やくまん1277平方へいほうキロメートル

    人口じんこう やく804万人まんにん

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 博多華丸・大吉、芸歴28年で初ANN 念願成就に喜び「まさか現実になるなんて…」
    2. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
    3. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
    4. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
    5. 明治150年 記念式典縮小 首相こだわり/反発に配慮

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです