メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

地域で生きる障害者支え(その1) 車椅子の弁護士、奔走

仮設住宅で暮らす橋村ももかさん(右)を訪ねる東俊裕さん(左)。車いすが室内に入らないため、橋村さんは寝た状態で過ごすことが多い。中央は母りかさん=熊本県益城町のテクノ仮設団地で2017年10月31日、野倉恵撮影

 「看板の字、とっても味がある。ありがとうね」

 10月下旬、熊本地震の被災者約1200人が暮らす熊本県益城(ましき)町の「テクノ仮設団地」。部屋のふとんに横たわる県立特別支援学校高等部2年、橋村ももかさん(16)に熊本学園大学教授の弁護士、東(ひがし)俊裕さん(64)が笑いかけた。脳性まひで重い障害を持ち、両目のまばたきと足の動きでコミュニケーションを取るももかさん。頬を緩めると、傍らで母りかさん(45)がうなずいた。

 仮設の狭い部屋では車椅子が使えず、ももかさんは寝たきりでいることが多い。そんな暮らしも1年を超えた…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文704文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 マスコミの政治報道 迫り来る?うっすらとした恐怖
  3. 世界一大きい金魚すくい 何匹すくえる? 藤沢であす /神奈川
  4. 日本酒 SAKE人気、急上昇 輸出、8年連続最高
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]