メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

地域で生きる障害者支え(その1) 車椅子の弁護士、奔走

仮設住宅で暮らす橋村ももかさん(右)を訪ねる東俊裕さん(左)。車いすが室内に入らないため、橋村さんは寝た状態で過ごすことが多い。中央は母りかさん=熊本県益城町のテクノ仮設団地で2017年10月31日、野倉恵撮影

 「看板の字、とっても味がある。ありがとうね」

 10月下旬、熊本地震の被災者約1200人が暮らす熊本県益城(ましき)町の「テクノ仮設団地」。部屋のふとんに横たわる県立特別支援学校高等部2年、橋村ももかさん(16)に熊本学園大学教授の弁護士、東(ひがし)俊裕さん(64)が笑いかけた。脳性まひで重い障害を持ち、両目のまばたきと足の動きでコミュニケーションを取るももかさん。頬を緩めると、傍らで母りかさん(45)がうなずいた。

 仮設の狭い部屋では車椅子が使えず、ももかさんは寝たきりでいることが多い。そんな暮らしも1年を超えた…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文704文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕
  2. セクハラ疑惑 財務次官辞任 「今こそ連携する時」メディアの枠超え女性結束
  3. けいざい・因数分解 1300万円 ゆうちょ銀預け入れ限度額引き上げ 中小金融機関が警戒
  4. 東京 狛江セクハラ疑惑で組合「加害者は市長、複数相談」
  5. 自民・船田氏 「首相3選、赤信号に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]