メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『ヨコハマメリー かつて白化粧の老娼婦がいた』=中村高寛・著

 (河出書房新社・2376円)

     横浜の街頭に、戦後まもなくから1990年代半ばまで立ち続けた「街娼(がいしょう)」、通称メリーさん。白化粧にフランス人形のような服装で、横浜を去る直前にはホームレス状態ながら、街の一部に溶け込んでいた。彼女の周辺を追ったノンフィクションだ。著者はドキュメンタリー映画「ヨコハマメリー」を2006年に作っており、本書は、ほぼ、その取材を再現したものになっている。

     著者が取材を始めた90年代後半、70代だったメリーさんは、既に、地方の老人ホームに入っていた。取材は、メリーさんを知る人物を訪ね歩き、彼女の不在を際立たせることから、モダンさとわい雑さの同居した街の歴史へわけ入っていく。と共に、商店主らの世代交代や再開発で戦中戦後の横浜が忘れられ、街から隙間(すきま)、メリーさんの居場所が失われていったことを裏付けてゆく。

     一昔前まで、どこの盛り場にも、「名物」かつ風景として、メリーさんのような人はいた気がする。そんな人物を失うたびに、月並みな言い方だが、街はつまらなくなった。こうして、彼女を記録に残してもらえた横浜は、まだ幸せな老い方ができたようにも、思えてきた。(生)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    3. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです