メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

がん患者のリウマチ治療は=答える人・山中寿所長(東京女子医科大・膠原病リウマチ痛風センター)

山中寿氏

 Q がん患者のリウマチ治療は

 関節リウマチの治療を4カ月続けましたが、改善しません。生物学的製剤の治療でもよいでしょうか。前立腺がんのホルモン治療も受けています。(福岡県福津市、男性、75歳)

 A 生物学的製剤、慎重に

 関節リウマチは免疫の異常で、関節の膜などに炎症が起きる病気です。女性に多く、全国の患者は約80万人と推定されています。進行すると、軟骨や骨も損傷を受け、関節が変形したり動かなくなったりして、日常生活に支障が出る場合があります。進行を抑えるため、抗リウマチ薬による早期治療が重要です。

 治療を始めて4カ月で効果がみられないそうですが、改善の実感がなくても効果が出ている場合があります。…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文921文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  3. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです