メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

がん患者のリウマチ治療は=答える人・山中寿所長(東京女子医科大・膠原病リウマチ痛風センター)

山中寿氏

 Q がん患者のリウマチ治療は

 関節リウマチの治療を4カ月続けましたが、改善しません。生物学的製剤の治療でもよいでしょうか。前立腺がんのホルモン治療も受けています。(福岡県福津市、男性、75歳)

 A 生物学的製剤、慎重に

 関節リウマチは免疫の異常で、関節の膜などに炎症が起きる病気です。女性に多く、全国の患者は約80万人と推定されています。進行すると、軟骨や骨も損傷を受け、関節が変形したり動かなくなったりして、日常生活に支障が出る場合があります。進行を抑えるため、抗リウマチ薬による早期治療が重要です。

 治療を始めて4カ月で効果がみられないそうですが、改善の実感がなくても効果が出ている場合があります。…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文921文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
  4. 北陸線事故 死亡・重体は幼い兄弟 ホーム下で遊ぶ
  5. 東京都 私立高実質無償化でも自己負担47万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]