メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

のり弁×稽古場 世界の蜷川と共に戦い

イラスト 佐々木悟郎

 ロンドンの舞台に桜吹雪が舞っていた。バービカン劇場で10月に上演されたシェークスピア作、蜷川幸雄演出の「NINAGAWA・マクベス」。30年前にも当地を沸かせた公演の再上陸とあって、チケットは完売していた。

 妻宏子さん(76)は観客席にいた。作品のシンボルである巨大な仏壇のセットを前に、「世界の蜷川」と呼ばれ、昨年5月に80歳で亡くなった夫との日々がよみがえった。

 2人は劇団青俳のメンバーとして出会い、1966年に結婚した。夫は当時の夫婦の役割にとらわれず、家事…

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1024文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕
  2. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  3. 衝突事故 藤岡弘さんがタクシーと 運転手が首捻挫の軽傷
  4. 霧島連山 硫黄山噴火…250年ぶり 警戒レベル3に
  5. 妻殺害容疑 29歳男逮捕 和歌山の海岸で水難事故装い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]