メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

のり弁×稽古場 世界の蜷川と共に戦い

イラスト 佐々木悟郎

 ロンドンの舞台に桜吹雪が舞っていた。バービカン劇場で10月に上演されたシェークスピア作、蜷川幸雄演出の「NINAGAWA・マクベス」。30年前にも当地を沸かせた公演の再上陸とあって、チケットは完売していた。

 妻宏子さん(76)は観客席にいた。作品のシンボルである巨大な仏壇のセットを前に、「世界の蜷川」と呼ばれ、昨年5月に80歳で亡くなった夫との日々がよみがえった。

 2人は劇団青俳のメンバーとして出会い、1966年に結婚した。夫は当時の夫婦の役割にとらわれず、家事…

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1024文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 マスコミの政治報道 迫り来る?うっすらとした恐怖
  3. 世界一大きい金魚すくい 何匹すくえる? 藤沢であす /神奈川
  4. 日本酒 SAKE人気、急上昇 輸出、8年連続最高
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]