メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

のり弁×稽古場 世界の蜷川と共に戦い

イラスト 佐々木悟郎

 ロンドンの舞台に桜吹雪が舞っていた。バービカン劇場で10月に上演されたシェークスピア作、蜷川幸雄演出の「NINAGAWA・マクベス」。30年前にも当地を沸かせた公演の再上陸とあって、チケットは完売していた。

 妻宏子さん(76)は観客席にいた。作品のシンボルである巨大な仏壇のセットを前に、「世界の蜷川」と呼ばれ、昨年5月に80歳で亡くなった夫との日々がよみがえった。

 2人は劇団青俳のメンバーとして出会い、1966年に結婚した。夫は当時の夫婦の役割にとらわれず、家事…

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1024文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 木村拓哉、文房具屋でオリジナルノート作り「裏表紙はぶっ飛んだのがよくない?」
  2. ボクシング 村田がブラントに判定で敗れる 防衛失敗
  3. プリキュア 横浜に歴代55人が初集結で1万人のファン歓喜! 本名陽子「ぶっちゃけ、ありえな~い!!」」
  4. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  5. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです