メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

『神話と天皇』古代史家・大山誠一氏刊行 天皇制、藤原氏のため?

 天皇制とは「藤原氏が永続的に国家の実権を握るため、藤原不比等がつくった制度」と定義する本が出た。大山誠一・中部大名誉教授(日本古代史)の「神話と天皇」(平凡社)。「聖徳太子はいなかった」説を深化させ、古代史全般の解釈変更を迫る意欲作だ。

 議論の出発点になる古代天皇制最大の特徴は「天皇に政治権力がないこと」という。律令上、実権は有力貴族の合議体「太政官」が持ち、天皇は国家の意思決定から排除された。絶対権力者の中国皇帝とは違うのだ。

 その太政官での力関係では、天皇との親近性が重視され、結局、一貫して天皇の外戚(天皇の生母の父)の地…

この記事は有料記事です。

残り1401文字(全文1668文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  3. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
  4. プラスチック危機 海流入、50年までに魚の総重量超え?
  5. プラスチック危機 つながる海、牙むくゴミ(その1) クジラの体内から29キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]