メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

『神話と天皇』古代史家・大山誠一氏刊行 天皇制、藤原氏のため?

 天皇制とは「藤原氏が永続的に国家の実権を握るため、藤原不比等がつくった制度」と定義する本が出た。大山誠一・中部大名誉教授(日本古代史)の「神話と天皇」(平凡社)。「聖徳太子はいなかった」説を深化させ、古代史全般の解釈変更を迫る意欲作だ。

 議論の出発点になる古代天皇制最大の特徴は「天皇に政治権力がないこと」という。律令上、実権は有力貴族の合議体「太政官」が持ち、天皇は国家の意思決定から排除された。絶対権力者の中国皇帝とは違うのだ。

 その太政官での力関係では、天皇との親近性が重視され、結局、一貫して天皇の外戚(天皇の生母の父)の地…

この記事は有料記事です。

残り1401文字(全文1668文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 分限裁判 ツイッター投稿裁判官「表現の自由侵害」と反論
  5. 十勝川温泉 苦境を逆手、自虐ポスター 地震後に客激減

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです