メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高麗屋襲名・三代の肖像

/中 市川染五郎改め十代目松本幸四郎 継承と同時に改革の道を模索

=竹内紀臣撮影

 歌舞伎界の大名跡、松本幸四郎を1、2月の東京・歌舞伎座で十代目として襲名する。同時に父の幸四郎が二代目松本白鸚、長男の松本金太郎が八代目市川染五郎を継ぐ。

 父の九代目幸四郎、祖父の初代白鸚襲名と同時に自身が染五郎を襲名したのは1981年。37年ぶりの慶事となる。

 「三代が同時代に現役でなければできない奇跡的なことです。3人の新たなるスタートであると思っています」

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1176文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです