メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

命から学んで

農芸高創立100周年/13 アイデア満載「農芸祭」 準備や運営、成長の糧に /大阪

資源動物科養豚専攻による、農芸祭名物トントンレース。迫力ある豚の疾走が見られるが、番狂わせも=堺市美原区の府立農芸高で、亀田早苗撮影

 府立農芸高校(堺市美原区)の最大の行事は、今月12日にあった「農芸祭」だ。生徒が実習でつくった農作物、鉢植え、乳製品、お菓子などの販売、動物や研究の展示など盛りだくさんで、豚が競う「トントンレース」など農芸ならではのアトラクションもある。近隣の人らが開場前から列をつくり、2万人近い人が訪れた。生徒は販売や来校者の誘導など、協力して運営にあたった。

 正午前、豚舎前にパネル板で特設された15メートルほどのコースで、豚5頭が走り出した。

この記事は有料記事です。

残り1151文字(全文1369文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  4. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  5. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです