メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国高校駅伝

男子・小豆島中央2位 女子は四学大香川西3位 /香川

男子で2位に入った小豆島中央の丸山大輝選手=徳島県鳴門市のポカリスエットスタジアムで、大坂和也撮影

 男子第61回、女子第29回四国高校駅伝競走大会(四国高体連など主催)が19日、徳島県鳴門市のポカリスエットスタジアムを発着点とするコースであり、男子は松山商(愛媛)が53年ぶり2回目、女子は山田(高知)が5年連続16回目の優勝をそれぞれ果たした。

 7区間計42・195キロを競う男子に、各県4校の16校が出場。松山商は3区の千守倫央選手(2年)が区間賞の走りで差を付けるなどし、2時間10分35秒で優勝した。香川勢は、小豆島中央が14秒差で2位に入った。

 5区間計21・0975キロを争う女子には、各県3校の12校が出場。山田は3区から3人が区間賞の力走…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1054文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕
  2. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  3. 霧島連山 硫黄山噴火…250年ぶり 警戒レベル3に
  4. 妻殺害容疑 29歳男逮捕 和歌山の海岸で水難事故装い
  5. セクハラ疑惑 財務次官辞任 「今こそ連携する時」メディアの枠超え女性結束

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]