メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

赤田本店(東京都)/中 海外生産でコスト減

中国の工場で働く従業員=赤田本店提供

 <since 1909>

割り箸で日本の食文化を支えて108年

 赤田本店の北海道夕張市と赤平市の割り箸工場は順調に稼働し、1980年前後には年間約3億3000万膳を出荷していた。だが、国民所得が増えるにつれ納品先から発注される割り箸の品質が多様化。いずれ材料が枯渇することも予想され、生産体制の抜本的転換が迫られた。

 3代目社長の赤田登志は82年、よりコストの低い製品を量産するため海外生産に乗り出す。最初の進出国は…

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文764文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]