メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり「危険運転」認める 懲役18年
台湾

戦没者慰霊祭 旧日本軍艦船撃沈のバシー海峡望む寺

慰霊祭に出席し、焼香する人たち=台湾南部・屏東県恒春で2017年11月19日、福岡静哉撮影

 【恒春(台湾南部)福岡静哉】太平洋戦争中に多くの日本軍艦船が撃沈されたバシー海峡を望む台湾南端・屏東県恒春にある潮音寺で19日、慰霊祭が営まれた。遺族や関係者ら約60人が参列し、少なくとも10万人と言われる死者の霊を慰めた。

 慰霊祭は2015年、戦後70年を機に始まり今年で3回目。遺族の一人でもある佐賀県小城市の住職、吉田宗利さん(75)が読経し、全員で焼…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです