メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

フィリピン・タグラグビー 明日へつなぐパス

裸足でピッチを走る子どもたち。以前は、ほとんどの子どもたちがラグビーを知らなかった。この日、子どもたちは初めての大会に臨んだ=フィリピン・ネグロスオクシデンタル州タリサイで2017年8月5日、川平愛撮影

 照りつける太陽の下、青々とした草が生い茂るピッチを子どもたちが裸足で駆け回る。ラグビーボールを抱えた少年はジグザグと相手をよけ敵陣地へ。トライを決めると、汗だくになったチームメートたちが一斉に集まって「ワー」と喜んだ。

 四国の7割の約1万3000平方キロメートルの面積に、約440万人の人口を抱えるフィリピン・ネグロス島。この島で8月、タックルをしない「タグラグビー」の大会が開かれ、島に住む11~16歳の子どもたち260人が汗を流した。

 フィリピンのラグビー協会と、同国の子どもたちを支援する日本のNPO法人「チャイルド・ファンド・ジャ…

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1147文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]