メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

フィリピン・タグラグビー 明日へつなぐパス

裸足でピッチを走る子どもたち。以前は、ほとんどの子どもたちがラグビーを知らなかった。この日、子どもたちは初めての大会に臨んだ=フィリピン・ネグロスオクシデンタル州タリサイで2017年8月5日、川平愛撮影

 照りつける太陽の下、青々とした草が生い茂るピッチを子どもたちが裸足で駆け回る。ラグビーボールを抱えた少年はジグザグと相手をよけ敵陣地へ。トライを決めると、汗だくになったチームメートたちが一斉に集まって「ワー」と喜んだ。

 四国の7割の約1万3000平方キロメートルの面積に、約440万人の人口を抱えるフィリピン・ネグロス島。この島で8月、タックルをしない「タグラグビー」の大会が開かれ、島に住む11~16歳の子どもたち260人が汗を流した。

 フィリピンのラグビー協会と、同国の子どもたちを支援する日本のNPO法人「チャイルド・ファンド・ジャ…

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1147文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  2. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった
  5. 夏の高校野球 済美14年ぶり8強 高知商の強打封じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです