メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

座間事件 深層に若者の孤独=論説委員・野沢和弘

叫びにどう向き合う

 神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件は多くの謎に包まれている。犠牲者のうち4人は女子高生ら未成年だ。なぜ少女たちは会員制交流サイト(SNS)に「死にたい」と書き込み、男のアパートを訪れたのか。事件の猟奇性だけでなく、深層に「居場所」がない若い世代の孤独や不安が漂っていることを直視しなければならない。

この記事は有料記事です。

残り2192文字(全文2360文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
  2. 東京・目黒の5歳虐待死 SOS届かず 「パパいらん」「パパがたたいた」訴えたが きょう起訴判断
  3. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  4. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
  5. 第100回全国高校野球 地方大会 西東京 14日

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]